議長挨拶

熊本県平和大使協議会 議長(熊本県議会議員)

混乱する世界の情勢を見る時に、平和大使協議会が果たすべき使命の大きさを痛感しております。50年後、100年後を見据えた計画をいつの時代もしておかなければなりません。特に未来人材の育成は重要なことであります。

熊本の魅力は時習館教育にもあるように、歴史と文化にあります。若者が精神的価値を発信し、芸術力・文化力、そして政治知識をも養いながら、海外へと目を向けていくことのできる人材となる為に、平和大使協議会が目指す「神の下の人類一家族世界」の平和世界実現を果たす担い手となる人材育成が強く願われていると感じております。

併せて、昨今の少子化や人口減少・幼児虐待などにも見られるような家庭の危機問題を、熊本は全国に先駆けて、「家庭教育支援条例」を施行して取り組んでおります。熊本から、『人づくり、家庭づくり、国づくり』の模範を発信していけるよう、精進努力してまいる所存でございます。